財団法人油空圧機器技術振興財団のご案内

財団の概要
当財団は、「国と密接な関係がある」公益法人には、該当しません。
住所:〒533−0002 大阪市東淀川区北江口1丁目1番1号
電話:06(6340)5885
E−MAIL:zaidan@blue.ocn.ne.jp


ホームページ:http://zaidan.taiyo-ltd.co.jp

 ※詳細は、下記のパンフレットをご覧下さい。(閲覧にはAdobe Readerが必要です。)
   公益財団法人 油空圧機器技術振興財団 ご案内  名簿
   Fluid Power Technology Promotion Foundation Guide Book(in English)  Board Members
設立の目的と設立年月日

 当財団は、鰍sAIYOの創業者故北浦冨太郎氏の遺産と親族の寄附 計1億8千万円で油圧・空気圧機器の開発、生産及び利用に関する基礎 的応用的な技術の調査・研究並びにこれらの調査・研究の援助・助成を 行うとともに、その成果の普及啓蒙を図ることにより、我が国の産業及 び経済の発展に寄与することを目的として昭和56年12月に設立 されました。
代表者

理事長 棚橋 祐治

主な事業

1.研究助成金について
@研究助成金を希望される研究者へ
毎年、応募者の中から、助成金を交付するに相応しい実施者を選定し、1件100万円の助成を行っています。詳しくは、下記の「研究実施者募集要綱」をご参照下さい。

  • 平成28年度の募集は、平成28年9月1日から10月31日の2カ月間です。
    10月31日の消印があれば、有効です。


  • 助成金の申請は、HPに掲載する「研究実施者募集要綱(申請書様式を含む)」をダウンロードして記入するか、当財団へメールで“申請書様式を求める”とご連絡下さい。折り返し、メール添付で送付致します。いずれもワード様式。
    研究助成金のご案内  研究実施者募集要綱

    *助成金額・採択件数について
       「原則として1件100万円とし、28年度は7件程度を採択する予定」です
       

    A助成金で研究を実施されている研究者へ
    「募集要綱」にも記されているとおり、研究が終われば、当財団へ「研究実施概況報告書」を提出頂くことになっております。昔は、冊子にまとめて、その研究成果を発表しておりましたが、最近では、当財団のHPに、研究成果を発表頂いております。 下記に「研究実施概況報告書の様式」を掲載しておりますので、ダウンロードしてご利用下さい。また、当財団へメールで“報告書様式を求める”とご連絡下さい。折り返し、 メール添付で送付致します。
    研究実施概況報告書A   
    2.優秀な論文について
    毎年、一般社団法人日本フルードパワーステム学会、一般社団法人日本機械学会、及び公益社団法人計測自動制御学会の3学会から、推薦を受けて優秀な論文を、顕彰しています。
    論文顕彰対象一覧表

    3.油圧・空圧・水圧に関する研究発表について
    1.Aに記していますように、助成金を活用して、研究を行った研究者の成果が、随時、下記の助成金交付年度毎に整理された「研究助成金の交付対象者および研究報告書の内容」に掲載されますので、ご参照下さい。研究テーマの青いフォントをクリックすると、その内容が出ます。黒いフォントは、未発表のものです。 「検索」から、研究者名を検索し、その交付年度から、研究発表を見つけることができます。学校名からも検索できます。(学校名は、助成金申請時の所属大学・高専です) なお、平成16年度以前の研究発表は、HPではなく、冊子にまとめてありますので、当財団へ問い合わせ下さい。
    研究助成金の交付対象者および研究報告書の内容
    検索:50音順@年度A名前B学校から検索可能
    業務・財務などに関する資料

    @定款
    A評議員及び役員名簿
    B事業報告書
    C正味財産増減計算書
    D貸借対照表
    E財産目録
    F財務諸表に対する注記
    G事業計画書
    H収支予算書


    お知らせ

     平成28年度研究助成金希望者を募集します。募集期間は平成28年9月1日から
     10月31日までです。

     「3.油圧・空圧・水圧に関する研究発表について」について の 研究報告書に
    ・平成24年度早稲田大学亀ア 允啓研究院講師
    ・平成25年度信州大学酒井 悟准教授
    ・平成26年度青山学院大学坂間 清子助教
    ・平成26年度香川大学佐々木 大輔講師
    ・平成26年度大分大学菊池 武士准教授
     の報告書を掲載いたしました。

    平成27年度研究助成金に採択された研究者を「3.油圧・空圧・水圧に関する研究発表について」に掲載いたしました。